旭松食品

旭松食品は、大阪府大阪市に本社(長野県飯田市に本店)のある、大阪証券取引所市場第二部に上場する凍豆腐・即席みそ汁・味付け油あげ・介護食などの製造・販売をする食品メーカーです。同社は、食糧事情の悪化に苦しむ戦後間もない1950年(昭和25年)に長野県下伊那郡松尾村(現在の飯田市)に設立され、良質なたんぱく源として当時脚光を浴びていた凍豆腐(高野豆腐)を全国に広めたのが始まりでした。その後、凍豆腐から始まった事業は、生みそずいや味付け油あげといった多角化とともに、長野から全国へと広がりました。

旭松食品の企業理念と経営理念

●企業理念:旭松食品が目指し培うものの表明

「私たちはお客さまの生活文化の向上と共に歩み、より快適で、健康な食生活を追求し、日々に、新たに前進します。」

●経営理念:企業理念を貫くための経営活動の根源を示したもの

「品質第一」「参画経営」「自主挑戦」

旭松食品のブランド

旭松食品といった場合、高野豆腐(凍り豆腐)や即席みそ汁などの商品=会社名で認識されることが多く、食品メーカーとして企業ブランドが確立されています。また、生タイプの即席みそ汁の先駆である「生みそずい」などでは、商品ブランドも確立されています。

旭松食品の商品ラインナップ

  • こうや豆腐(凍豆腐)
  • 生みそずい・スープ(袋入、カップ)
  • あげいち・その他

旭松食品の会社概要

商号 旭松食品株式会社
英文社名 ASAHIMATSU FOODS CO.,LTD.
事業内容 凍豆腐、即席みそ汁、味付け油あげ、介護食(カットグルメ)等の製造および販売
本社所在地 大阪府大阪市淀川区田川3-7-3
設立年月日 1950年12月19日
決算期 3月
上場市場 大証2部
銘柄コード 2911
備考 同社HPには、高野豆腐情報や高野豆腐レシピが充実
関連タグ 即席みそ汁