荒川化学工業

荒川化学工業は、大阪府大阪市中央区に本社のある、東京証券取引所市場第一部と大阪証券取引所市場第一部に上場する、「ロジン」を出発点とした化学メーカーです。同社は、1876年(明治9年)に松の幹から採れる松やに(生松脂)を生成したロジンを扱う荒川政七商店が原点で、以来、製紙業界でトップシェアを誇る製紙用薬品をはじめ、インキや塗料、粘着・接着剤などの化成品事業、情報化時代に対応した電子材料関連や最先端の研究開発で顧客ニーズに応える機能性ファインケミカル事業、そして新たな事業創出への挑戦まで、積極的に事業領域の開拓を進めてきました。

荒川化学工業は、「ロジンに代表される地球に優しい素材を通して社会に貢献するスペシャリティー・ケミカル・パートナー」をビジョンに掲げ、株主、取引先、社員および社会に貢献して企業価値を高めていくことを目指しています。

荒川化学のブランド

荒川化学といった場合、ロジンの会社として、また製紙用薬品や印刷インキ用樹脂でトップシェアを誇る化学メーカーとして、企業ブランド(コーポレートブランド)が確立されています。

荒川化学の事業領域

  • 製紙薬品事業
  • 化成品事業
  • 機能材料事業(電子部材、機能性ファインケミカル)
  • 光電子材料事業
  • 国際事業

荒川化学の会社概要

商号 荒川化学工業株式会社
英文社名 Arakawa Chemical Industries, Ltd.
事業内容 製紙用薬品、印刷インキ・塗料用樹脂、粘着・接着剤用樹脂、食品添加物用樹脂、合成ゴム重合用乳化剤、光硬化型樹脂、精密部品の洗浄剤とその関連機器などの製造・販売
本社所在地 大阪市中央区平野町1丁目3番7号
設立年月日 創業:1876年
設立:1931年1月
決算期 3月
上場市場 東証1部、大証1部
銘柄コード 4968
備考 製紙用薬品、印刷インキ用樹脂首位。エレクトロニクス関連も展開
関連タグ 業界シェアトップ