再春館製薬所

再春館製薬所は、熊本県上益城郡益城町に本社のある、人間が本来持っている自然治癒力・自己回復力を最大限に引き出すことを目指す漢方の製薬会社です。同社は、人間も自然の一部であるという漢方の考え方に立ち、自然の力を人間の力へと活用することによって、誰にでも訪れる老化による悩みや苦しみを和らげ、生き生きと幸せに歳を重ねるのを応援することを使命(夢であり、喜び)としています。

再春館製薬所の5つの「しん」

心:すべての営みの原点

製品開発から仕事への取り組み方まで、どこにもない未知の領域を切り開き、誰も辿りついたことのない目標をめざす上で、行動の原点となるのが「心」。

真:自らに課す、ものづくりの責任

自然の力を人間の力に役立てるという漢方の理念に基づき、人間に本来備わっている「自然治癒力」を高める独自の製品を作るために、自然の真理を探求し、品質にどこまでも真剣であり、真摯なものづくりの姿勢を忘れず、独自のこだわりを持ち続ける。

診:生涯パートナーとしての目標

「個人商店のように、顧客一人一人の様子を伺った上で、その人の悩みに最適な解決方法を提案し、最高の満足を届けることで、人生を楽しんで頂きたい」という思いから、自社の工場で作った製品を顧客にダイレクトに届ける「メーカー直販」と「テレマーケティング」という独自のシステムを貫く。

信:かけがえのない喜び

顧客との末永い付合いを目指す上で、何よりも大切なものは心からの信頼であり、それをいつまでも得るために、常に率直に誠実に顧客とともに歩む。

深:いつも先を目指す姿勢

顧客、地元(熊本)、社会、自然のどれが欠けても、同社の商いは成り立たず、夢を追うことはできない。それゆえ、そのすべてに感謝し、関係を深めていく必要があり、そのためには自分自身を深めるための努力を日々積み重ねていく。

再春館製薬所のブランド

再春館製薬所といった場合、漢方の医薬品・化粧品の製薬会社として、企業ブランド(コーポレートブランド)が確立されています。また、基礎化粧品の「ドモホルンリンクル」や生薬製剤の「痛散湯」などでは、商品ブランド(製品名)も幅広く認知されています。

再春館製薬所の主要製品

  • ドモホルンリンクル-自然の生命力を肌に届ける基礎化粧品
  • 痛散湯-痛みに効果的な医薬品(生薬製剤)
  • カムカQRIII-毛根を活性化する育毛剤

再春館製薬所の会社概要

商号 株式会社 再春館製薬所
英文社名 Saishunkan Co., Ltd.
事業内容 「ドモホルンリンクル」を主力とした化粧品、医薬部外品、医薬品の製造・販売
本社所在地 熊本県上益城郡益城町寺中1363-1
設立年月日 創業:1932年(昭和7年)
設立:1959年(昭和34年)
決算期  
上場市場 未上場
銘柄コード
備考 人と自然が一つになった全く新しい工場「ヒルトップ」
無料お試しセットを提供
関連タグ 製薬会社、医薬品、化粧品