東海カーボン

東海カーボンは、東京都港区に本社のある、東京証券取引所市場第一部に上場する炭素製品の総合メーカーです。同社は、1918年(大正7年)に東海電極製造として発足以来、常に業界のパイオニアとして様々な産業分野に欠かせないカーボン材料の開発を行ってきました。現在は、世界最高水準の性能を持つ製品やトップシェアを誇る分野を数々持ち、最先端分野の材料研究を積極的に手がけるなど、時代のニーズを先取りした製品開発を行っています。

東海カーボンでは、基本理念である「信頼の絆」のもと、価値創造力・公正・環境調和・国際性の行動指針に従い、業績の向上を目指すと共に、あるべき企業像として「炭素材料のグローバルリーダー(Global Leader of Carbon Materials)」を掲げています。また、事業の国際化の動きも視野に入れ、現地法人の設立や技術輸出なども進めており、多様化する市場のニーズに対して、グローバルな展開でグループ企業一丸となって対応しています。

東海カーボンのブランド

東海カーボンといった場合、炭素材料の総合メーカーとして企業ブランド(コーポレートブランド)が確立されています。

東海カーボンの製品(5大事業)

  • カーボンブラック
  • 黒鉛電極
  • ファインカーボン
  • 摩擦材・摺動材
  • 工業炉・関連製品

東海カーボンの会社概要

商号 東海カーボン株式会社
英文社名 TOKAI CARBON CO., LTD.
事業内容 カーボンブラック・黒鉛電極・ファインカーボン・摩擦材および工業炉・関連製品の製造・販売
本社所在地 東京都港区北青山1-2-3 青山ビル
設立年月日 1918年(大正7年)
決算期 12月
上場市場 東証1部
銘柄コード 5301
備考 カーボンブラック首位
関連タグ カーボンブラック