DAINICHI(ダイニチ)

DAINICHI(ダイニチ)で知られるダイニチ工業は、新潟県新潟市に本社のある、東京証券取引所市場第一部に上場する石油燃焼機器の専門メーカーです。同社は、1964年(昭和39年)に創業者の佐々木文雄氏によって、石油バーナーや石油ふろ釜を製造・販売するメーカーとして設立されました。

ダイニチ工業は、創業以来、業界に先駆けて液体である石油を気化して燃やすという気化式石油燃焼技術に取り組み、1971年には業界で初めて業務用気化式石油ストーブである「ブルーヒーター」を発売し、1980年には家庭用石油ファンヒーターにも進出し、現在では国内の業務用・家庭用石油ファンヒーターにおいて、「ブルーヒーター」はトップシェアを獲得しています。また、近年では石油ファンヒーターで培った温度制御技術や燃焼技術を水平展開し、生豆から焙煎するコーヒーメーカー、生ごみ処理機、加湿器など、新たな製品も次々と送り出しています。

なお、ダイニチ工業では、「お客さまにとって、本当の快適とは何か?」というのが発想の原点であり、毎日使うものだからこそ、高い品質、使いやすく便利な機能、安全性へのこだわりにより、設計から組立に至るまで国内自社工場で一貫生産し、顧客へ届けています。

ダイニチ(DAINICHI)の社呈

創業者の佐々木文雄氏が創業時に考えた社呈は、同社の基礎となっています。

「常に新しい技術を生み出し、私達が心から誇れ、お得意が安心して販売でき、使用者にいつまでも愛される良い商品を作る」

DAINICHI(ダイニチ)のブランド

DAINICHI(ダイニチ)といった場合、石油ファンヒーターなどの商品=会社名で認識されることが多く、石油燃焼機器の専門メーカーとして企業ブランドが確立されています。また、石油ファンヒーターの「ブルーヒーター」などでは、製品ブランドも確立されています。

DAINICHI(ダイニチ)の製品ラインナップ

  • 家庭用石油ファンヒーター(ブルーヒーター)
  • 業務用石油ストーブ
  • ハイブリッド式加湿器
  • 生ごみ処理機
  • 焙煎機能付きコーヒーメーカー
  • コーヒー豆焙煎機
  • スモークマシン
  • 自動給餌機
  • 光合成促進機
  • 園芸専用暖房機 他

ダイニチ工業の会社概要

商号 ダイニチ工業株式会社
英文社名 Dainichi Co., Ltd.
事業内容 石油暖房機、環境機器、煙発生機、その他部品(サービスパーツ)、コーヒーメーカー他の製造・販売
本社所在地 新潟県新潟市南区北田中780番地6
設立年月日 1964年4月1日
決算期 3月
上場市場 東証1部
銘柄コード 5951
備考 ダイニチ Web Shopを運営
関連タグ 石油ファンヒーター