ネツレン(NETUREN)|高周波熱錬

ネツレン(NETUREN)で知られる高周波熱錬は、東京都品川区に本社のある、東京証券取引所市場第一部に上場する高周波による熱処理加工会社です。同社は、1946年(昭和21年)に、日本高周波重工業より分離して設立され、高周波焼入装置の製作や各種機械部品の表面焼入受託業務を開始しました。

ネツレンは、日本で初めてIH(Induction Heating=誘導加熱)技術の事業化・工業化に成功しました。この技術は、地球環境にやさしい無公害(Ecological)・省資源(Economical)のダブル・エコ(Double Eco)の技術で、同社はそのパイオニアとして、創業以来蓄積されたIHに関するノウハウと高い技術開発力を基盤に、熱処理受託加工に加え、オリジナリティの高い製品を開発し、様々な産業に対して変革と貢献を行っています。

ネツレン(NETUREN)のブランド

ネツレン(NETUREN)といった場合、IH(誘導加熱)技術のパイオニア企業として、コーポレートブランド(企業ブランド)が確立されています。

ネツレン(NETUREN)の事業概要

  • 熱処理受託加工
  • 誘導加熱設備製造
  • 高強度鋼材製品
  • その他応用商品

高周波熱錬の会社概要

商号 高周波熱錬株式会社
英文社名 Neturen Co., Ltd.
事業内容 高周波焼入加工の受託およびPC鋼棒や加工機械の販売
本社所在地 東京都品川区東五反田二丁目17番1号
設立年月日 1946年5月15日
決算期 3月
上場市場 東証1部
銘柄コード 5976
備考 誘導加熱技術のパイオニア
関連タグ 熱処理受託加工