TIGER(タイガー)

TIGER(タイガー)ブランドのタイガー魔法瓶は、1923年(大正12年)に創業者の菊池武範が大阪市に菊池製作所を創設し、虎印魔法瓶の製造・販売を始めたのがスタートです。同社は、創業以来、魔法瓶に始まり、電子ジャー、炊飯ジャー、電気ポット、調理器具など、暮らしに身近なキッチン関連分野の製品を提供しています。現在は、主力のキッチン関連分野だけでなく、リビング・アウトドア関連分野などの製品も充実し、「より快適で豊かなくらし」を提案できる企業へと発展しています。

また、タイガー魔法瓶は、法人顧客向けに産業機器も手掛けています。これは、同社の事業の原点である魔法瓶などで培った真空断熱技術を応用した最適な温度コントロールや、使い勝手の良さと安全性の高いモノづくりの発想を活用したもので、飲食・調理関連、物流・自動車関連、工場・公共設備関連、福祉・医療関連、ケータリング・サービス関連など様々な業種で、先進性・機能性・耐久性・利便性・省エネ性を追求したセット機器・デバイスを提供しています。

TIGER(タイガー)のブランド

TIGER(タイガー)といった場合、炊飯ジャーや魔法瓶などの製品をイメージすることが多く、キッチン関連分野のメーカーとして企業ブランドが確立されています。また、製品ブランドについても、炊飯ジャーの「炊きたて」、魔法瓶の「とく子さん」、ステンレスボトルの「SAHARA(サハラ)」などが知られています。

TIGER(タイガー)の広告宣伝

タイガー魔法瓶では創業以来、広告宣伝活動を重視し、テレビCMや新聞・雑誌広告等のマス媒体を中心に、積極的に展開しています。また、有名タレントやキャラクター(ティグ&ティーラ)を起用した企業の顔づくりにも積極的に取り組んでおり、これとマス媒体の広告宣伝活動を連動させることで、知名度や好感度などの企業イメージを高めています。

TIGER(タイガー)の製品ラインナップ

  • 炊飯ジャー
  • 電気ポット
  • ホットプレート・グリルなべ
  • 調理器具
  • 他キッチン用品
  • ポット
  • アウトドア用品
  • 環境快適用品
  • キャラクター・ブランド・ギフト
  • 業務用特選品

タイガー魔法瓶の会社概要

商号 タイガー魔法瓶株式会社
英文社名 Tiger Corporation.,
事業内容 魔法瓶、炊飯ジャー、電気ポット、電気調理器具、 アウトドア用品、環境快適製品などの製造・販売
本社所在地 大阪府門真市速見町3番1号
設立年月日 1923年2月(大正12年)
決算期 4月
上場市場 未上場
銘柄コード
備考 魔法瓶の製造・販売からスタート
関連タグ 炊飯器、電気ポット、マグボトル