フジシール(Fuji Seal)

フジシールグループ(Fuji Seal Group)は、シュリンクラベル、ソフトパウチおよびタックラベルを、その装着機械とサービスまでシステムとして、グローバルに展開するパッケージングソリューションカンパニーです(東京証券取引所市場第一部に上場するフジシールインターナショナルは、グループ企業を統括する持株会社)。

フジシールは、1897年(明治30年)年に酒等の樽栓メーカーとして藤尾木工所を創業したのが始まりで、創業から約半世紀ほど過ぎた1950年代に、これまでの木工業から印刷・加工業へ業態を転換し、キャップシールの生産へと乗り出しました。現在、フジシールグループは、プラスチックフィルムであるシュリンクラベルを中心とした各種包装資材、ソフトパウチやアルファケースなどの機能性容器、包装関連機械の設計製作など、ソフトからハードまでの一貫した開発・提供を通じて、グローバルに展開しています。

なお、その経営理念は「包んで価値を日々新たな心で創造します。」で、マーケットの変化や容器の変化などに伴う顧客の課題を解決することで、顧客のパートナーとなり、顧客と共に成長することを目指しています。

フジシール(Fuji Seal)のブランド

フジシール(Fuji Seal)といった場合、シュリンクラベルを中心とした各種包装資材などの製造メーカーとして企業ブランド(コーポレートブランド)が確立されています。

フジシール(Fuji Seal)の製品ラインナップ

  • シュリンクラベル
  • タックラベル
  • ソフトバウチ
  • アルファケース
  • 委託包装
  • シュリンクラベラー
  • カートニングマシーン
  • 感熱ラベルシステム
  • ソフトバウチシステム

フジシールインターナショナルの会社概要

商号 株式会社 フジシールインターナショナル
英文社名 Fuji Seal International, Inc.
事業内容 持株会社として、フジシールグループ全体の経営戦略の策定・推進、 グループ経営の監査、その他経営管理など
本社所在地 大阪市淀川区宮原4丁目1番9号 (東京本社もあり)
設立年月日 創業:1897年(明治30年)
設立:1958年(昭和33年)
決算期 3月
上場市場 東証1部
銘柄コード 7864
備考 フジシールは熱収縮性ラベル開発で先駆、市場シェアは専業トップ
関連タグ シュリンクラベル