川崎汽船("K"LINE)

"K"LINEグループを展開する川崎汽船は、東京都港区に本社のある、東京証券取引所市場第一部や大阪証券取引所市場第一部などに上場する外航海運が主力の大手海運会社です。同社は、1919年(大正8年)に川崎造船所(現川崎重工業)の船舶部が分離して設立されました。

川崎汽船は、日本郵船、商船三井に次いで国内第3位の海運会社で、コンテナ船部門、不定期船・専用船部門、エネルギー資源輸送部門、総合物流事業などから事業が構成され、その中でもコンテナ船比率が高いことが特色として挙げられます。また、同社は、1970年に日本初の自動車専用船「第十とよた丸」を竣工させたことで、自動車輸送のパイオニアとしても知られています。

川崎汽船("K"ライン)のブランド

川崎汽船といった場合、大手海運会社として、企業ブランド(コーポレートブランド)が確立されています。また、同社では、通称として、「"K"LINE("K"ライン)」という呼び名も幅広く使われています。

川崎汽船の事業概要

  • コンテナ船サービス
  • ターミナル事業
  • ドライバルク
  • 自動車船サービス
  • LNG船サービス
  • 油槽船サービス
  • エネルギー資源開発関連事業
  • 物流事業

川崎汽船の会社概要

商号 川崎汽船株式会社
英文社名 Kawasaki Kisen Kaisha, Ltd.
事業内容 海上運送業、陸上運送業、航空運送業、陸海空通し運送業、港湾運送業等
本社所在地 東京都港区西新橋1丁目2番9号
設立年月日 1919年4月5日
決算期 3月
上場市場 東証1部、大証1部、名証1部、福岡
銘柄コード 9107
備考 国内外の企業と"K"LINEグループを形成
関連タグ 海運