J-POWER(電源開発)

J-POWER(電源開発)は、東京都中央区に本社のある、東京証券取引所市場第一部に上場する電力会社です。同社は、全国的な電力不足を克服するために、1952年に電源開発促進法に基づいて設立され、以来、半世紀以上にわたり、全国各地の一般電気事業会社(東京電力、関西電力等)に電力を供給する卸電気事業者として、発電および送変電に特化して事業を行ってきました。

J-POWER(電源開発)は、日本全国に展開する唯一の電力会社であり、特に水力発電と石炭を燃料とする火力発電に強みを持っています。また、2004年に東証一部に上場して完全民営化を果たし、現在は、電力自由化の進展や地球温暖化を始めとする事業環境の変化に直面する中、これまでの「電力の安定供給」だけでなく、「エネルギーと環境の共生」という新たな目標を掲げ、これまで培ってきた技術と経験を国内外で様々な分野に展開しています。

J-POWER(電源開発)のブランド

J-POWER(電源開発)といった場合、全国各地の一般電気事業会社に電力を供給する卸電気事業者として、企業ブランド(コーポレートブランド)が確立されています。

なお、J-POWERという名称は、2002年4月1日より導入された同社のコミュニケーションネームで、これまで半世紀以上にわたり日本全国及び世界各国で事業を展開してきた実績と技術力を活かし、日本企業として「エネルギー」と「環境」の2つの分野を中心に世界を舞台に幅広く事業を展開し、地球の未来のために多くの方に「パワー」を届けたいという思いが込められています。

J-POWER(電源開発)の事業概要

  • 水力・送変電事業
  • 石炭火力発電・地熱事業
  • 原子力発電事業
  • 海外展開(コンサルティング事業、海外発電事業)
  • その他(風力事業、リサイクル・バイオマス発電事業他)

J-POWER(電源開発)の会社概要

商号 電源開発株式会社
英文社名 Electric Power Development Co.,Ltd
事業内容 電気事業
本社所在地 東京都中央区銀座六丁目15番1号
設立年月日 1952年9月16日
決算期 3月
上場市場 東証1部
銘柄コード 9513
備考 卸電気事業者として電力卸が主力
関連タグ 電力