フラッシュ脱毛

【読み方:ふらっしゅだつもう、分類:エステ】

フラッシュ脱毛は、I2PL脱毛やIPL脱毛など、フラッシュ光線という幅広い光の波長を持つ光線を使って脱毛を行うものをいいます。これは、医学界では、広義に「IPL脱毛」と呼ぶことが多く、元々は光線治療は「IPL(Intense pulse light)治療」と呼ばれていました。また、IPLは、当初は顔の肌を白く綺麗にするために導入されたフェイシャルの機械で、それを脱毛ができるように改良を加えて 脱毛機にしたのが現在のフラッシュ脱毛の始まりだそうです。(今日では、各メーカーの機種によって、光の波長や出力、パルス幅などが異なる)

一般にフラッシュ脱毛では、カメラのフラッシュライトのような一瞬の照射による強い光にすることで、肌の表面の温度を上げず、毛根にのみ光のエネルギーを集中させることができ、往来の脱毛法に比べて痛みが少なく、肌への負担をかけずに脱毛することができます。また、本来の特質から美肌効果が高く、黒ずみの除去や皮膚の凹凸の軽減など、肌にとってもプラスの面が多くあります。(特に、色素を多く含んでいるビキニゾーンや脇の下、手・足・背中などの広範囲な部位の脱毛に適している)

現在、フラッシュ脱毛の有効性については確認されていますが、永久性(永久脱毛)については実証できていません。なお、本手法により毛母細胞が死滅した毛穴からは、ほぼ毛が生えてくることはないそうです。

<フラッシュ脱毛の施術(一例)>

1.スタッフの方とカウンセリングを行う。
2.脱毛する部分に生えているムダ毛を十分に剃毛する。
3.脱毛を受ける方の肌質の確認を行う。
4.脱毛する部分に数回テスト照射を行う。
5.脱毛する部分の肌に特殊なジェルを塗り、照射準備を行う。
6.脱毛する部分に本番照射を行う。
7.照射後は冷やしたタオルなどで肌を冷やし、クリームなどを用いて肌のアフターケアを行う。

※標準的な人の場合、「照射→毛の再生」というサイクルを数回(3~5回程度)繰り返し行えば、毛母細胞が全て死滅すると言われている。ただし、実際の効果には個人差があるので十分に注意。