ワンレングス(ワンレン)

【読み方:わんれんぐす、分類:髪型】

ワンレングス(ワンレン)は、「ワンレングスカット(one length cut)」のことをいいます。これは、女性の髪型の一つで、ストレートの髪でフロントから後ろまでを同じ長さに真直ぐ切り揃えたもので、毛先に段差をつけるレイヤーに比べ、少し重い印象があります。

一般にワンレングスが広く流行したのは、1980年代から1990年代初頭にかけてでした。その当時、この髪型をしていた有名な女優には、浅野温子さん、浅野ゆう子さん、手塚里美さん、田中美佐子さん、山口智子さんなどがいました(結構、多くの女優が採用)。また、21世紀に入ってからも、仲間由紀恵さんがロング系のワンレングスを続けています。

ちなみに、1990年代前半のディスコに集まる女性は、ワンレンロングヘア、ボディコン、爪長、ハイヒールというのがお決まりのファッションとなっており、「ワンレンボディコン」という言葉も広く世間に浸透していました。