放送作家/構成作家

【読み方:ほうそうさっか、分類:放送

放送作家は、「構成作家」とも呼ばれ、テレビ放送やラジオ放送の番組制作における企画・構成の仕事を専門に行う作家をいいます(基本的にはフリーランスの職業)。

通常、放送業界の番組制作において、企画とは、プロデューサーやディレクターの要請に応じて、番組プラン(案)を企画書に起こす作業を指し、一方で構成とは、番組の進行プランを練り上げ、放送台本(構成台本)を作成する作業を指し、また日々放送される番組は放送作家が書いた構成台本を元に制作されます。

一般に放送作家の主な仕事(日常)は、担当する番組の制作会議に出席し、構成台本やナレーション原稿などを書くことです。また、特殊な分野としては、特定の芸能人タレントのブレーンを担当する「座付き作家」、クイズ問題の作成を専門とする「クイズ作家」、番組監修等の企画プロデュース業を中心とする「プランナー(企画屋)」などがあります。

現在、放送作家になるには、特別な資格や学歴は不要ですが、台本を書くという仕事柄、日本語力や文章力、発想の豊かさ、幅広い知識などが必要とされ、それらを修得するためにプロの放送作家に弟子入りしたり、専門学校で学んだりしたりすることが多いようです。(昔は、小説家や脚本家を志望した人が放送作家になるケースが多かったが、最近は芸人として夢破れてから放送作家に転身するケースも多い)

ちなみに、収入面については、実力(才能)次第であり、多くのテレビ番組を手がける一流の放送作家の場合、それなりの高額所得者となっています。さらに、放送作家の時に才能を見出されて、その後、タレント・小説家・作詞家・プロデューサーなどに転身している人もいます。