ラッシー

【読み方:らっしー、分類:乳酸菌飲料】

ラッシー(Lassi)は、インド料理などで飲まれる定番のドリンクで、ヨーグルトの一種であるダヒーをベースに作られるものです。元来は、牛や水牛の乳からダヒーを作り、これを撹拌して「マカーン」と呼ばれるバターを分離する際の副産物の液体(バターミルク)を飲用としたものです。また、ダヒーは、主にインド・パキスタン・ネパールなどで作られ、日本のナチュラル・ヨーグルトに見かけは近いですが、味などは若干違います。

通常、ラッシーは、ダヒーをベースとして、ミルクやクリーム、砂糖や蜂蜜、バナナやマンゴー等の果物などを適宜混ぜ合わせて作られ、プレーンタイプのものから塩味のものまで様々なタイプがあります(日本では、プレーンタイプで砂糖を入れて作る甘酸っぱいものが一般的)。また、その濃さについては、ドロっとしたヨーグルト状のものから水分の多いサラっとしたものまで様々なタイプがあります。なお、果物のラッシーの場合は、最後に果物を入れて、ミキサーで混ぜ合わせます。

ちなみに、インドでは、北では紅茶(チャイ)、南ではコーヒーがポピュラーですが、ラッシーについては全土で愛飲されています。

・プレーンラッシー:そのままの味
・ミーティー・ラッシー:砂糖で甘みがついている
・ナムキーン・ラッシー:薄い塩味がついている
・果物入りラッシー:ミキサー等で果物と混ぜ合わせている
・香辛料入りラッシー:香辛料(サフランやクミン等)入り
・プディーナー・ラッシー:ミント入り