アメリカンコーヒー

【読み方:あめりかんこーひー、分類:コーヒー

アメリカンコーヒー(American coffee)は、正式には「アメリカン・ロースト・コーヒー」と呼ばれ、浅炒りのコーヒー豆で淹れたコーヒーのことをいいます。これは、日本でしか通用しない和製英語で、第二次世界大戦後のアメリカで流行していたコーヒーの飲み方を日本で再現したもので、少ないコーヒー豆の量でも美味しくたっぷり飲めるようにと「浅煎りの豆を少量使ってたっぷり淹れる」ものでした。

一般にアメリカンコーヒーは、浅煎りのため苦味よりも酸味が強いのが特徴(焙煎時間が短い浅炒りは、軽くやわらかな口当たりなのに対して、深炒りは苦味が強くなるとのこと)であり、大きめのカップにたっぷり注ぎ、ブラックで軽めのコーヒーを楽しみたい時に適しています。なお、本コーヒーについて「コーヒーのお湯割り」と理解(誤解)されている方も多いですが、実際には浅く焙煎したコーヒー豆を薄めに淹れるものです。ちなみに、本場のアメリカにおいては、「ウィークコーヒー(weak coffee)」と呼ばれるものが、アメリカンコーヒーに最も近いものだそうです。