ウィンナー・コーヒー

【読み方:うぃんなーこーひー、分類:コーヒー

ウィンナー・コーヒー(Wiener Kaffee)は、オーストリア発祥のホイップクリームを使ったコーヒーの飲み方で、「Wiener(ウィンナー)」とは「ウィーン風の」を意味します。これは、日本においては、濃く淹れたコーヒーにホイップクリームを浮かべたもの、またはカップに入れたホイップクリームに熱いコーヒーを注いだものを指し、本場のオーストリア・ウィーンには「ウィンナー・コーヒー」という名のコーヒーは存在しません(本名称は、和製外国語)。また、アメリカやイギリスなどには、エスプレッソにホイップクリームを載せた「エスプレッソ・コン・パンナ(Espresso con panna)」というものがあります。

ちなみに、ウィーンで日常的に多く飲まれているのは、エスプレッソと温かいミルクを加えた上にミルクの泡を載せた「メランジェ(Melange)」というもので、カプチーノとほぼ同じものです。また、メランジェのミルクの泡の代わりにホイップクリームを載せた「フランツィスカーナー(Franziskaner)」と呼ばれるものが日本のウィンナー・コーヒーに近く、この他にも、コーヒーにほぼ同量の生クリームが載っていて、カップではなくグラスに注がれている「アインシュペナー(Einspanner)」や、カップとは別の器に砂糖をかけたホイップクリーム(シュラークオーバース)が添えられている「カフェー・ミット・シュラークオーバース(Kaffee mit Schlagobers)」などもあります。