芽茶

【読み方:めちゃ、分類:日本茶

芽茶は、芽の先の細い部分を選別したお茶(緑茶)をいいます。これは、玉露煎茶などの仕上げ加工の工程で、芽の先の細い部分(茶葉の芽の先の丸まった部分)を選別したお茶であり、また製造の際に副産物として出るお茶であることから、茎茶粉茶と共に「出物」とも呼ばれます。

一般に芽茶は、お茶のうま味を多く含み、香りが強く、味も濃厚で、また水色(お茶をいれた時の色合い)は深くて濃い緑色をしています。