どくだみ茶

【読み方:どくだみちゃ、分類:お茶】

どくだみ茶は、ドクダミの葉を乾燥させるなどして作られるお茶をいいます。また、ドクダミとは、ドクダミ科の多年草で平地の日陰に多く生え、強い臭気がある一方、「十薬(じゅうやく)」という生薬名が付くほど昔から優れた薬草として知られています。その特色として、老廃物や毒素を体外へ排出する「デトックス作用」があり、具体的には、便秘解消、ニキビ・吹き出物対策、むくみ解消、肌質改善、動脈硬化の予防などに効果があると言われています。

一般にどくだみ茶は、一種のハーブティとして、麦茶のように飲まれることが多く、また飲みやすくするため、他のお茶とブレンドされることも多いです。