果汁入り飲料

【読み方:かじゅういりいんりょう、分類:果実飲料】

果汁入り飲料は、JAS(日本農林規格)の果実飲料品質表示基準においては、果汁の割合が10%以上100%未満のものをいいます。これは、果実飲料の一つで、通常、果汁100%のものに比べて果物の味や色が薄くなるため、香料・酸味料・着色料などを加えて、飲み物として見た目や味のバランスを調整して仕上げられます(野菜汁や果粒などを加えたものも含む)。