下戸

【読み方:げこ、分類:人間】

下戸は、体質的にお酒(アルコール飲料)を飲めない人のことをいいます。これは、飲酒量の多少によって人を区分する際の呼称で、また本用語の入った句として、「下戸の肴荒らし」や「下戸と化け物は無し」、「下戸の建てたる倉も無し」などがあります。ちなみに、本用語の「戸」とは、律令制(律令を基本法とする古代日本の中央集権的な政治制度)における課税単位のことであり、その仕組みは家族の人数や資産などによって、四等戸(大戸、上戸、中戸、下戸)が決められていました。

一般に「お酒の下戸」の語源は、その昔、婚礼時の酒量を四等戸(上戸は八瓶、下戸は二瓶など)で決めたことから、それが転じて酒を良く飲む人を上戸(または大戸)、一方でほとんど飲めない人を下戸と呼んだのが由来とされます。