バッタもん

【読み方:ばったもん、分類:社会】

バッタもん(バッタモン)は、格安で売られることが多い、正規の流通ルートで仕入れたものではない商品のことをいいます。これは、商品自体は正規品であるものの、使用に支障はないが包装(箱)等が劣化した商品(棚崩れ品等)、企業倒産により流れてきた商品(倒産品)、期限切れもしくは期限切れ間近の商品などが該当します。

元々は、バッタもんの「バッタ」とは、古道具などを売買する古道具商の隠語だったと言われています。また、その語源には、バタバタと勢いよく落ちる様子を「バッタ」や「ばったり」という擬態語からとするものや、不況などでバタバタと倒産した商店の物品を一括で大量に安く買う業者を「バッタ屋」と言い、その商品を売ることからとするものなどがあります。

なお、今日では、お笑い芸人などが、テレビ等で気軽に「格安の物」や「怪しい物」などを総称して「バッタもん」と呼んだりするためか、格安の正規品以外に、安い偽物の商品まで「バッタもん」と認識されることもあるようです。

<本用語の使用例>

・これは、どうやらバッタモンではなく正規品のようだ
・どうせバッタモンと思いきや食べてみたら意外とおいしかった
・実はもっともバッタもんが多かったのは、ロレックスでもルイ・ヴィトンでもない