会釈

【読み方:えしゃく、分類:概念】

会釈は、人に対する親しみ・好意・謝意などを表すために、軽く挨拶や礼を交わすこと、その挨拶や礼を示す所作のことをいいます。これは、仏教用語にある「和会通釈(わえつうしゃく)」の略語で、会通(えつう)とも言い、本来は仏典の二律背反(相互に自己矛盾する教説)を照合し、矛盾のない解釈(根本にある共通する真実)を導き出すことを意味しました。それが転じて、他者相互の矛盾を解消する意味となり、さらに仏教の教説を離れて人間相互の融和から今日の意味へと変遷したそうです。

一般に会釈が現在使われているような「お辞儀(おじぎ)」の意味になったのは、江戸時代になってからだそうです。また、そのスタイルについては、あまり相手の目線を見つめることなく、頭(顔)を軽く下げた後、自分の顔を緩やかに上げるというのがベーシックな形となっています。