天王山

【読み方:てんのうざん、分類:概念】

天王山は、勝負を決する大事な場面や時、勝敗や運命の重大な分かれ目のことをいいます。これは、安土桃山時代(戦国時代)の1582 年(天正10年)の「山崎の戦い」で、天王山を先に占領した豊臣秀吉軍が明智光秀軍を撃破したことに由来するものです。また、天王山とは、京都府南部の乙訓(おとくに)郡大山崎町にある海抜270mの山(小丘)で、淀川に臨み、対岸の男山と共に京都に通ずる道の狭隘部をなし、古来から水陸交通の要地でした。