ほくそ笑む

【読み方:ほくそえむ、分類:概念】

ほくそ笑むは、物事が思い通りの結果になったことに満足して、一人ひそかに笑うことをいいます。また、本用語の「ほくそ」とは、「北叟(ほくそう)」の転で、その昔、中国で北方の砦に住むとされた「塞翁が馬」の達観した老人の塞翁のことであり、塞翁(=北叟)が喜憂(喜びと心配)いずれに対しても、少し笑ったという故事(人間万事塞翁が馬)によるものと言われています。

一般に本用語は、日常の中で時々見聞きすることがあり、例えば、「ほくそ笑む○○」や「△△国をどれだけ批判しても、ほくそ笑むのは□□国である」というように使われます。