分水嶺

【読み方:ぶんすいれい、分類:概念】

分水嶺は、分水界(雨水が二つ以上の水系へ分かれて流れる境界)になっている山脈や山稜のことをいいます。これは、雨水が異なる水系に分かれる場所を意味することから、日常的には、「ある物事の方向性が決まる分かれ目」の喩えとして使われることが多いです。

<本用語の使用例>

・改造人事が政権の分水嶺になった例は、これまでに何度もあった
・20日の対○○戦は、昨年覇者の△△にとって今季最初の分水嶺になる