上の空/うわの空/うわのそら

【読み方:うわのそら、分類:概念】

上の空は、「うわの空」とも表記され、他の事に心が奪われて、当面の事に注意が向かないことや、心が浮ついて落ち着かないさまをいいます。これは、元々は、空の上方(天空や空中)を意味する用語で、それが転じて上記の意味になると共に、それ以外にも、表面だけで本質とは無関係であるさま、漠然としているさまや根拠のないさまといった意味もあります。

一般に本用語は、日常的には、「うわの空で話を聞く」や「仕事中、うわの空だった」というように使われます。