横槍

【読み方:よこやり、分類:概念】

横槍は、話し合いや交渉の途中で、横から口を出して妨げることをいいます。これは、元々は、その昔、両軍が合戦中に別の一隊が側面から槍で攻めかかることを意味しましたが、今日では、当事者ではない第三者が「脇から口を出して文句をつけること」を意味するようになっています。

<本用語の使用例>

・○○を刺激して横槍が入らないよう、慎重にやろうという意識が働いた
・政府からの横槍が入ったことで協議等の遅れが生じ、進捗状況はあまり良くない