手玉に取る

【読み方:てだまにとる、分類:概念】

手玉に取るは、人を自分の思うままに動かし扱ったり、翻弄したりすることをいいます。これは、女児が遊戯に用いる玉や曲芸師が曲芸に用いる玉などを意味する「手玉」を投げ上げて弄ぶ(もてあそぶ)ように、人を思いどおり(自由自在)に操ることを意味します。

一般に本用語は、日常的には、「謎の真犯人はその後も警察を手玉に取った」や「制球力と緩急で主力打者を手玉に取った」というように使われます。