ぐうたら

【読み方:ぐうたら、分類:概念】

ぐうたらは、ぐずぐずしていて働く気力のないさまやなまけ者のことをいいます。これは、江戸時代頃から使われている用語で、「ぐう」は「愚(ぐ)」の長音化したもので、一方で「たら」は「弛む(たるむ)」などの基になる「たる」が変化したものだそうです。

一般に本用語は、気力に欠けていてすぐ怠けようとすることや不精でいいかげんなさま、およびそういった人などを意味し、例えば、「ぐうたら者」や「ぐうたらな生活」というように使われます。