目くじらを立てる

【読み方:めくじらをたてる、分類:概念】

目くじらを立てるは、「目角を立てる(めかどをたてる)」とも言い、目を吊り上げて人のあら探しをしたり、他人の欠点を取り立てて非難したりすることをいいます。これは、目尻(めじり)を表す「目くじら」を立てること、すなわち目を吊り上げて(怒った目つきで)相手を鋭く見ることが転じて、人を責めたり咎めたりするといった意味になりました。例えば、本用語は、「小さなミスに目くじらを立てる」というように使います。