カッターシャツ

【読み方:かったーしゃつ、分類:衣類】

カッターシャツは、「cutter+shirt」の和製英語で、カラー(襟)とカフス(袖口)が身頃についたワイシャツのことをいいます。これは、元々は企業の商標名で、1918年(大正7年)にスポーツ用品メーカーの「美津濃(現ミズノ)」によって作られたスポーツ用シャツでした。また、命名者は、創業者の水野利八氏で、その名称は「勝った」をもじった造語だそうです。

一般にカッターシャツは、ワイシャツの一種で、現在では、ワイシャツと同じものであると考え、東日本では「ワイシャツ」、西日本(関西等)では「カッターシャツ」と呼ぶことが多いです。