ロー・ヒール

【読み方:ろーひーる、分類:靴】

ロー・ヒール(Low heels)は、かかとの低い靴で、普通、3cm以下の低いヒールの総称をいいます。また、ヒールとは、靴の高さを出すために、かかと部分に付けられる部品をいい、これは体重を足底の各部に分散・平均化するための調節役となっています(高さを適度に上げたヒールは、足を蹴り出す力が地面に早く伝わり、それだけ楽に歩くことができる)。

なお、ロー・ヒールに対して、6~9cmくらいの高いヒール、及びその靴(女性靴)のことを「ハイ・ヒール」といいます。