ファストファッション

【英語名:Fast fashion、分類:概念】

ファストファッションは、「ファーストファッション」とも表記され、最新の流行を採り入れながら低価格に抑えた衣料品を、短いサイクルで大量生産・販売するファッションブランドやその業態のことをいいます。これは、安くて早いが売りの「ファストフード」になぞらえた造語で、単に低価格(手頃な価格)であるだけでなく、店頭に並ぶ商品が高頻度で変わっていくのも大きな特徴となっており、数週間で主力商品のラインナップががらりと変わってしまうことも珍しくありません。また、今日では、トップモデルや有名デザイナーと組んだ「高級感」の演出も行うようになっています。

現在、様々なビジネスがグローバル化する中、ファストファッション業界においては、大手グローバルブランド(チェーン)が世界的規模で寡占化し、売り上げを大きく伸ばしています。具体的には、海外ブランドでは、GAP(米国)、FOREVER 21(米国)、H&M(スウェーデン)、ZARA(スペイン)などが有名であり、一方で国内ブランドでは、ユニクロ、ジーユー(g.u.)、しまむらなどが有名です。また、その仕組みとして、価格を抑えるために安い賃金の国々で生産し、メーカーの直営店で販売する「製造小売業(SPA)」の形態をとる会社が多いです。

ちなみに、本用語は、ユーキャン新語・流行語大賞において、2009年のトップ10に選出され、その賞式においては、ファストファッションを着たモデルの益若つばささんが受賞しました。