ハイ・ヒール

【読み方:はいひーる、分類:靴】

ハイ・ヒール(High heels)は、ヒールの部分が高くなっている靴の総称をいいます。これは、一般的には、6~9cmくらいの高いヒールの女性靴のことを指し、通常、履くとかかと部分が爪先よりも持ち上げられる形状となっています。また、ヒールとは、靴の高さを出すために、かかと部分に付けられる部品をいい、それは体重を足底の各部に分散・平均化するための調節役となっています(高さを適度に上げたヒールは、足を蹴り出す力が地面に早く伝わり、それだけ楽に歩くことができる)。

一般にハイ・ヒールは、見栄えやファッションなどで利点がある一方で、足首の捻挫、外反母趾、肩こり、腰痛などといった健康面での問題も起こることがあり、その使用には注意が必要です。なお、ハイ・ヒールに対して、普通、3cm以下の低いヒール、及びその靴のことを「ロー・ヒール」といいます。