モンク・シューズ

【読み方:もんくしゅーず、分類:靴】

モンク・シューズ(Monk shoes)は、紐ではなく、ベルトとバックルで甲を締めて固定する靴のことをいいます。これは、15世紀のヨーロッパの修道僧(修道士)が履いていた靴をヒントに作られたもので、ベルトとバックルで甲の高さを調節できるのが特徴となっています。その種類として、一つのベルトで締める「シングルモンク」と二つのベルトで締める「ダブルモンク」の二つがあり、またベルトの端にゴムが着いていると、ベルトを外さなくても脱着しやく、ベルトが痛みにくいです。ちなみに、モンク(Monk)とは、修道士や修道僧のことを意味します。