巻き寿司

【読み方:まきずし、分類:寿司】

巻き寿司は、海苔の上に酢飯を乗せ、その上に具材を乗せて巻いた寿司をいいます(太さの違いによって「細巻」「中巻」「太巻」がある)。また、寿司とは、酢飯と主に魚介類などの具材を組み合わせた代表的な日本料理で、その種類には「握り寿司」「巻き寿司」「稲荷寿司」「ちらし寿司」「押し寿司」「馴れ寿司」などがあります。

通常、巻き寿司は、細長く切り揃えた竹が木綿糸によって編まれた「巻き簾(まきすだれ)」を使用して作られますが、回転寿司などでは自動的に巻き作業を行う「海苔巻き用ロボット」が利用されることもあります。なお、巻き方については、地域や店舗によって異なることがありますが、普通は断面が円形または方形のものが多いです。