鉄火巻/まぐろ巻

【読み方:てっかまき、分類:寿司】

鉄火巻は、巻き寿司の一つで、「まぐろ巻」とも呼ばれ、鮪(マグロ)の赤身を芯とし、酢飯と海苔で巻いたもの(海苔巻:細巻)をいいます。通常、マグロは棒状に切り、おろし山葵(ワサビ)が添えられ、醤油をつけて食べるのが普通です。また、鉄火とは、もともと真っ赤に熱した鉄を指す言葉であり、鉄火巻の名前の由来として、使用されるマグロの赤身が熱せられて赤くなった鉄に似ているからという説や、賭博場を意味する「鉄火場」に由来し、手に酢飯が付かず、鉄火場で博打をしながら手軽に食べられるものという説などがあります。

なお、巻き寿司とは、海苔の上に酢飯を乗せ、その上に具材を乗せて巻いた寿司をいい、代表的なものには、鉄火巻以外に、かんぴょう巻かっぱ巻(きゅうり巻)新香巻納豆巻などがあります。