かんぴょう巻

【読み方:かんぴょうまき、分類:寿司】

かんぴょう巻は、巻き寿司の一つで、甘辛く煮たかんぴょうを芯とし、酢飯と海苔で巻いたもの(海苔巻:細巻)をいいます。また、かんぴょう(干瓢、乾瓢)とは、ウリ科のユウガオの実を細長い帯状に剥いて加工(乾燥)したものであり、かんぴょう巻では、乾燥状態のかんぴょうを一旦水で戻し、甘辛く煮たものを使用します。

なお、巻き寿司とは、海苔の上に酢飯を乗せ、その上に具材を乗せて巻いた寿司をいい、代表的なものには、かんぴょう巻以外に、鉄火巻(まぐろ巻)かっぱ巻(きゅうり巻)新香巻納豆巻などがあります。