穴きゅう巻

【読み方:あなきゅうまき、分類:寿司】

穴きゅう巻は、巻き寿司の一つで、穴子ときゅうりを芯(具材)とし、酢飯と海苔で巻いたもの(海苔巻)をいいます。通常、中に入れる穴子(アナゴ)は、"焼穴子"または"煮穴子"が使用され、穴子の旨みときゅうりのさっぱり感がうまく調和しています。ちなみに、関西では"焼穴子"が、関東では"煮穴子"が好まれるそうです。

なお、巻き寿司とは、海苔の上に酢飯を乗せ、その上に具材を乗せて巻いた寿司をいい、自宅(家庭)でも気軽に作ることができます。