軍艦巻

【読み方:ぐんかんまき、分類:寿司】

軍艦巻は、握り寿司の一種で、酢飯を海苔で巻き、その上に寿司種(具材)を乗せた寿司をいいます。これは、握った酢飯の側面にぐるりと海苔を巻き、その上にイクラ・ウニ・カニミソ・シラウオ・ネギトロトビッコなどの柔らかくて形の崩れやすい具材を盛ることができ、また横から見ると軍艦を思わせる形から「軍艦巻」と名付けられたとのこと。

ちなみに、軍艦巻は、1941年(昭和16年)に東京銀座の寿司店「久兵衛」において、当時の主人である今田寿治が常連客の「イクラの寿司が食べたい」という要望から考案したそうです。