ネギトロ

【読み方:ねぎとろ、分類:寿司/丼物】

ネギトロは、脂身を多く含んだペースト状のマグロをいいます。本来は、本マグロの骨の隙間にある赤身や筋の多い部位・皮の裏などの脂身をそげ落としたものですが、現在流通している大量生産品は、キハダマグロやビンチョウマグロなどを材料に油脂(魚油や植物油等)や調味料などを加えて味と食感を向上させているものがほとんどです。また、その名前については、マグロの中落ちをそぎ取ることを「ねぎる」「ねぎ取る」という符牒(隠語)で呼んでいたことに由来するそうです。

一般にネギトロは、ペースト状のマグロと共に刻んだネギを散らして食用とすることが多く、その形態には、軍艦巻巻き寿司ネギトロ巻)、丼物ネギトロ丼)などがあります。