とびこ

【読み方:とびこ、分類:水産加工品/寿司】

とびこ(飛子)は、飛魚(トビウオ)の卵を塩漬けにしたものをいいます。これは、サケの卵であるイクラよりもずっと小粒であり、透き通った黄金色の小さい球状の卵の集合体です。その大きさは、個々の卵の直径で1ミリ前後であり、皮が固くて噛むと粒が弾けるという食感を楽しめます。また、とびこの加工商品である「とびっこ」は、兵庫県芦屋市に本社のある株式会社かね徳(水産加工食品の製造及び販売)の登録商標となっています。

一般にとびこは、寿司の素材(ネタ)として利用され、「軍艦巻」や「ちらし寿司」などで食べることが多いです。