エンガワ

【読み方:えんがわ、分類:寿司】

エンガワは、魚の部位の通称で、魚のひれの基部にある骨(担鰭骨)、またはヒラメやカレイの背びれ・しりびれの付け根にある肉のことをいいます。通常、刺身や寿司ネタでエンガワと言った場合は、ヒラメやカレイの背びれ・しりびれの付け根にある肉(ひれを動かすための筋肉)のことをいい、コリコリとした食感が好まれます。ちなみに、その名称については、身の形が「家屋の縁側」に似ていることに由来するそうです。

なお、高級寿司店などで「えんがわ」と言った場合、本来は「ヒラメのえんがわ」を指しますが、基本的にヒラメ一匹から少し(数貫分)しか取れないため、とても高価なものとなっています。これに対して、回転寿司で提供される「えんがわ」については、カラスガレイ・アブラガレイ・オヒョウといったカレイ目の魚が使われているため、比較的安価に食べることができます。