しめさば

【読み方:しめさば、分類:寿司】

しめさば(〆鯖、しめ鯖)は、新鮮な鯖(サバ)を三枚におろし、塩を振って身を締め、その後に塩を落として酢に浸し、さらに締めたものをいいます。一般に代表的な食用魚であるサバは傷みやすいものですが、酢で締めることによって数日間保存することができます。また、その食べ方については、刺身としたり、寿司ネタとしたり、あえ物にしたりすることが多いです。