ビントロ

【読み方:びんとろ、分類:寿司】

ビントロは、刺身や寿司ネタとして食用する際の通称で、鬢長(ビンナガ)の脂肪分(脂身)の含有割合が高い部位をいいます。また、ビンナガとは、スズキ目・サバ科に分類される魚の一種(1メートル前後で胸びれが著しく長い小型マグロ)で、日本では「マグロ」をつけて「ビンナガマグロ」や「ビンチョウマグロ」などとも呼ばれています。

一般にビントロは、淡いピンク色で脂がよく乗っており、また身質が柔らかく、中トロのような印象(脂も旨味もある味わい)があり、しかも価格が安いことから、回転寿司のネタとしても好評を得ています。