大トロ

【読み方:おおとろ、分類:寿司/刺身】

大トロは、寿司ネタ等として使われる鮪(マグロ)の特定の部位の呼称で、マグロの肉のうち脂が最もよく乗っている部分をいいます。また、トロとは、マグロの部位の中で脂質の含量が高い腹部の身を指し、この中で脂が最もよく乗っている部分を「大トロ」、それなりに脂が乗っている部分を「中トロ」と呼び、大トロ・中トロ以外の部分は「赤身」と呼ばれます。

一般にマグロにおいて、背肉より腹肉の方が、また後部肉より前部肉の方が、さらに内層肉より表層肉の方が脂質の含量が高く、通常、大トロは腹肉前部に、中トロは腹肉後部にあります。ちなみに、大トロは、寿司店でマグロの部位の中で最も値段が高く、その柔らかい食感とトロけるような脂身の旨みが大きな魅力となっています。