赤身

【読み方:あかみ、分類:寿司/刺身】

赤身は、寿司ネタや刺身などとして使われる鮪(マグロ)の特定の部位の呼称で、大トロと中トロ以外の部分をいいます(その名称の由来は、肉が赤いから)。また、トロとは、マグロの部位の中で脂質の含量が高い腹部の身を指し、この中で脂が最もよく乗っている部分を「大トロ」、それなりに脂が乗っている部分を「中トロ」と呼び、大トロ・中トロ以外の部分は「赤身」と呼ばれます。

一般に寿司店では、赤身は「まぐろ」の名称で呼ばれることが多く、その値段は大トロや中トロと比べて安いですが、特有のどっしりとした重量感ともちっとした食感から常に人気を博しています。また、脂分が少なく、水分とたんぱく質が多いので、結構ヘルシーとも言えます。