チキンティッカ

【読み方:ちきんてぃっか、分類:インド料理】

チキンティッカ(Chicken tikka)は、「パンジャービティッカ(Panjabi tikka)」とも呼ばれ、インド料理の一つで、ヨーグルトや種々の香辛料に漬け込んだ鶏肉を串に刺して、タンドゥールと呼ばれる壷窯(オーブン)で焼いた肉料理をいいます。これは、インド北西部からパキスタン北東部にまたがる地域であるパンジャーブ地方に伝わる料理の一つで、ヨーグルトや塩・胡椒(コショウ)・ターメリック(ウコン)等の香辛料などに肉を半日ほど漬け込んだ後で香ばしく焼きあげたもので、ウコンや食紅等で鮮やかな緋色(やや黄味の赤)に着色してあることも多いです。

一般にチキンティッカは、骨の付いていないものを小さめに切って調理し、また主に骨付きのまま使用した同様の料理には「タンドリーチキン」があります。ちなみに、その味はスパイスが効いたジューシーな感じで、ほどよい辛さでお肉も柔らかく、とても美味しいです。