まぜそば

【読み方:まぜそば、分類:ラーメン】

まぜそばは、スープ(タレ)がほどんどなく、旨みを凝縮したタレを麺と混ぜながら食べるラーメン(麺料理)をいいます。通常、ラーメンは、スープ・麺・具材が三位一体が基本なのに対して、まぜそばは、スープがほとんどなく、旨味が凝縮されたスープにボリュームのある極太麺、そこに好みのトッピングをして混ぜながら食べることが特徴となっています。また、トッピングについては、お店によって様々なもの(無料、有料)が用意されており、具体的には、野菜・ネギ・ニンニク・チーズ・焼き豚(チャーシュー)・生玉・味玉・節(魚粉)・アブラ多め(背脂増量)・マヨネーズなどがあります。

なお、まぜそばは、タレや油を絡めて食べる中華料理の麺料理「ばん麺」をルーツとし、「油そば(茹でた麺を醤油やラードなどから出来た油分の多いタレに絡めながら食べるラーメン)」も本ジャンルに含まれます。