カルパッチョ

【読み方:かるぱっちょ、分類:イタリア料理】

カルパッチョ(Carpaccio)は、イタリア料理の一つ(前菜)で、生の牛肉や魚介類を薄切りしたものに、オリーブオイル・レモン汁・ソースなどをかけたり、パルミジャーノ・レジャーノ(チーズ)を載せたりしたものをいいます。元来は、生の牛肉を用いた料理でしたが、今日では、マグロ・サーモン・タコ・ホタテなどの魚介類も普通に使われており、食材や配色に関係なく、このような料理を総称して「カルパッチョ」と呼んでいます。

ちなみに、本料理は、1950年にベネチアの料理店「ハリーズ・バー」のシェフが、医者に生肉を食べることを勧められていた伯爵夫人のために、薄く切った牛ヒレ肉にマヨネーズとマスタードを混ぜたソースをかけた料理を考案したことに始まるそうです。また、その名称は、ベネチア派の画家であるビットーレ・カルパッチョ(Vittore Carpaccio)に由来するそうです。